学習手順

学習内容

「英語の発音.com」 では、以下のような内容で、聞き取り練習が186レッスン、そして発音練習が70レッスン用意されています。各レッスンは12の単語あるいは12の文章から成り立っています。聞き取り練習には4種類の制限時間が設けられており(無制限、15秒、10秒、2秒)、又類似発音から即座に意味を把握する練習もあります。発音練習には自己採点とネイティブスピーカーによる採点もあります。(注:ネイティブスピーカーによる採点は、購入時に35回分提供されており、その後は10回 又は 20回 又は 30回単位での有料追加となります。)

単語・文章の聞き取り& 発音練習

省エネ発音の文中での聞き取り練習

語尾子音の有無scarf vs scar(等)
語尾子音の比較milk vs milt(等)
2単語間の連続子音first train vs first rain(等)
動詞3人称単数現在 vs 過去asks vs asked(等)
Be / Have の肯定 vs 否定is vs isn’t(等)
助動詞の肯定 vs 否定can vs can’t(等)
want to vs won’t の比較 want to vs won’t
助動詞過去 vs 過去完了 should vs should’ve(等)
語中子音の消滅center vs cenna(等)
大きく変化する省エネ発音send it vs senate(等)

学習必要環境

英語の発音.comでは、インターネットを用いてブラウザ上で学習を行います。また音声を使った学習の為、PCに接続されたスピーカー、マイクを必要とします。英語の発音.comは以下のPC動作環境にて動作を確認しています。

OS Microsoft WindowsXP(Home/Professional) SP3 (日本語版)
Microsoft WindowsVista SP2 (日本語版)
Microsoft Windows7 (日本語版)
Apple Mac OS X (日本語版)
内蔵メモリ 1GByte以上
ビデオ 24ビットカラー以上、XGA(1024×768)以上表示可能な
ビデオカード及びモニタ
サウンド PCM音声が出力可能なサウンドカード及びスピーカ
マイクロフォン
インターネット 実効速度1Mbps以上のブロードバンド回線
ブラウザ Microsoft InternExplorer (上記PC環境における最新バージョン)
Firefox (上記PC環境における最新バージョン)
safari (上記PC環境における最新バージョン)
FlashPlayer Adobe Flash Player最新バージョン

上記動作環境以外でも、インターネット接続が可能で、スピーカー、マイクに対応し、最新FlashPlayerに対応したPCであれば、動作可能です。ご購入前に、無料お試し版にて動作をご確認ください。

マイクについて

英語の発音.comでは、学習にマイクを必要とします。ノートPC等に内蔵されたマイクでもご利用可能ですが、ノイズの影響を受けやすいため、ヘッドセットをお勧めします。
PC用ヘッドセットは、一般的にオーディオにも使われているピンプラグによる接続用とUSB接続用との2種類あります。両方のタイプ共にご利用可能ですが、ピンプラグ接続のヘッドセットは、PCの種類によりノイズの影響を受けやすいため、マイクでの録音が綺麗に録音できない場合は、USB接続のヘッドセットをお勧めします。

マイクの接続

マイクの接続は、ブラウザを起動していない状態で行ってください。学習の途中でマイクを接続してもマイクが認識されません。その場合は、ブラウザ、その他のプログラムを一旦終了してから、再度学習を行ってください。

マイクの入力レベルの調整

スピーカーの音量と同様に、マイクにも入力レベルがあります。マイクの入力レベルを適切に調整しないと綺麗な音声を録音することができません。マイクの入力レベルの調整は、OS、及びFlashPlayerの2種類のレベル調整で最適なレベルに調整します。レベルの微調整は、FlashPlayerレベル調整で行います。ボイスチャット等で既にOSのマイクレベルを調整済みの場合は、FlashPlayerのレベル調整のみ行ってください。
以下にOS毎のレベル調整方法(簡易調整)と、FlashPlayerでの調整方法(微調整)を説明します。(レベル調整は、マイクを接続した状態で行ってください。)

  1. 【コントロールパネル】【サウンド、音声、およびオーディオデバイス】【システム音量を調整する】を選択します。
  2. サウンドとオーディオデバイスのプロパティ画面が開きます。
    【オーディオ】タブを選択し、録音の項目にて既定のデバイス欄に接続したマイクが表示されているか確認した上で、音量ボタンを押します。
  3. マイクのレベルをボリュームの真ん中あたりに調整します。
  1. 【コントロールパネル】【ハードウェアとサウンド】【サウンド】を選択します。
  2. サウンド画面が開きます。【録音】タブを選択し、接続しているマイクをダブルクリックします。
  3. マイクのプロパティ画面が開きます。【レベル】タブを選択し、マイクのボリュームを真ん中あたりに調整します。
  1. 【システム環境設定】【ハードウェア欄のサウンド】を選択します。
  2. サウンド画面が開きます。入力タブを選択し、接続しているマイク(使用するマイク)を選択した上で、入力音量を真ん中あたりに調整します。
  1. Study6又は7の任意の学習を始めます。(無料お試し版の発音練習でも出来ます)
  2. 【マイクとカメラへのアクセス】を許可した後、学習画面上で右クリックします。(Macの場合は、Ctrl+クリック)
    FlashPlayerのメニューの中から、【設定】を選択します。
  3. AdobeFlashPlayer設定画面が開きます。マイクの絵が描かれたタブを選択し、録音ボリュームを調整します。
  4. 無音の時に、左のレベルインジケータができるだけ低い位置で、かつ通常発声する少し大きめの音量をマイクを通じて発声した時にレベルインジケータが最大になる程度に調整して下さい。エコーを減らすチェックは、録音音声を再生した場合に、エコーが出る場合は、チェックを付けて下さい。
  5. 実際に学習を進める中で、自身の録音した音声を再生しながら、最適なレベルに調整して下さい。

ログイン

  1. 購入直後に ID と Password が画面に表示されます。(メールでもお知らせいたします)
  2. トップページの「学習画面へ Go」をクリックすると、英語の発音.com学習サイトにリンクします。
    学習サイトのトップページにてID と Password を入力しログインします
  3. ログイン前に「保存」を選ぶと、次回から便利です。

ログイン画面

学習成果表と学習の開始

ログインすると、学習レベルを選ぶ画面が現れますので、適切なものを選んでください。
Study 1単語の聞き分け練習
Study 2文章の聞き分け練習
Study 3 省エネ発音の聞き分け練習
Study 4 意味による単語の聞き分け練習
Study 5 意味による文章の聞き分け練習
Study 6 単語の発音区別練習 (自己採点とネイティブ採点)
Study 7 文章の発音区別練習 (自己採点とネイティブ採点)

学習メニューの表示例

学習設定

学習設定メニューでは、以下の設定を行うことができます。

  • 学習開始後、Startボタンを押してから出題音声が発声されるまでの秒数(Study 1~5)
  • 出題音声、及び模範音声の性別

購入直後は、(3秒)、(お客様の性別)に設定されています。


学習設定例


学習成果表の見方と学習内容の選択

学習レベルを選ぶと学習成果表が現れます。
  • Study 1(32レッスン)、Study 2(42レッスン)、Study 3(40レッスン)、Study 4(30レッスン)、あるいはStudy 5(42レッスン)の場合、学習内容と反応秒数を決め、その枠をクリックします。
  • Study 6(33レッスン)とStudy 7(37レッスン)の場合、学習内容および「発音練習」(発音練習と自己採点)か「発音テスト」(発音練習とネイティブスピーカーによる採点)のどちらかを決め、その枠をクリックします。(ただし「発音練習」→「発音テスト」の順に)
  • 学習成果表の枠が灰色になっている部分は、未学習か、あるいは学習はしているがまだ80%クリアー出来ていないことを意味します。赤い色が付いた部分は80%以上クリアしたことを示し、グリーンになっている部分は100%クリアしたことを表します。
  • すでに色が付いている部分でも、何度でも練習を返すことができます。
  • Study 6とStudy 7の学習成果表の「○・×・?」の枠には自己採点、あるいはネイティブスピーカーの採点の結果が0から6の範囲で数字で示されます。そして「○・×・?」の合計は常に6になります。例えば lice と rice の発音練習で、上の段(音節始めの子音【l】)の「○・×・?」の数字がそれぞれ3、2、1となっている場合、【l】が正しく発音されたのが3コ、【r】になってしまったものが2コ、そして【l】にも【r】にも聞こえなかったものが1コということになり、自分の発音のどこに問題があるのかを認識することが出来ます。
    注:学習成果表には、これまでの学習での最良の結果が保存されます。

学習成果表の一例(Study1)

学ぶ順序

学習レベルを選ぶと学習成果表が現れます。
  • 学習の順序は自分で適当に決めることができますが、Study 1、Study 2、Study 3、Study 4、あるいはStudy 5の場合は、同じ内容で秒数を縮めて行く順序、すなわち水平方向に学びながら次のレッスンに進むやり方と、秒数の長い練習を縦方向に進み、全てのレッスンが終わってから秒数を縮めて行く順序があります。どの順序が学び易いかは、自己判断となります。
  • Study 6とStudy 7の学びも、縦方向に進み「発音練習」を全て終わらせてから「発音テスト」に移るか、あるいは各レッスンを「発音練習」→「発音テスト」の順序で進めることが出来ます。(注:どのレッスンも「発音練習」が終わった後に「発音テスト」に進むのが鉄則)

学習画面

学習成果表の枡をクリックすると学習画面が現れますので、以下の順序で進めて下さい。12の聞き分け単語あるいは文章がランダムに36回聞こえて来、1回ごとに「聞き取り成功」と「聞き取り失敗」に色分けされて行きます。時間切れの場合は「聞き取り失敗」扱いになります。

「聞き取り成功」が29回以上で80%クリアとなり、学習表の枠が赤色になります。「聞き取り成功」が36回で100%クリアになり、学習表の枠がグリーンになります。

Study 1~Study 5の学習手順

学習レベルを選ぶと学習成果表が現れます。
  1. 「Start」ボタンを押す。
  2. 画面に2つの「単語 / 発音記号 / 意味」、「英文 / 意味」又は「和文」が表示され、設定したカウントダウン秒数が経過後に出題英語が聞こえて来る。
  3. 「出題発音再確認」ボタンを押すと何度でも出題英語を聞くことが出来る。
  4. 「発音確認」ボタンを押すと、表示された単語あるいは英文の発音を何度でも聞くことが出来る。(プロセス 4. と 5. は省くことが出来る)
  5. 指定秒数以内に「出題英語」と同じ発音(意味)の単語、英文あるいは和文を選ぶと、「聞き取り成功」か「聞き取り失敗」に分類され、色で示される。
  6. 「Next」ボタンを押し、同じプロセスを36回繰り返す。
  7. 36回目が終わると正解率が80%未満、80%以上あるいは100%であることが表示される。

学習画面の一例(Study2)

Study 6、Study 7 の発音練習手順

  1. FlashPlayer設定画面が表示されるので、ここで許可ボタンを押し、マイクの入力を許可する。
  2. 発音すべき単語あるいは英文2つが画面にリストアップされる。
  3. 「模範発音再生」ボタンを押すと、各単語あるいは英文の模範英語を何度でも聞くことが出来る。
  4. 各単語又は文章の「録音」ボタンを押し、マイクに向かって自分の発音を録音し、「録音ストップ」ボタンを押す。録音指定時間が来た場合は、自動的に録音終了となる。
  5. 「再生」ボタンを押すと自分の音声を確認することが出来る。
  6. 自分の音声と模範英語を聞き比べ、やり直す必要があれば 4. に戻る。
  7. 「NEXT」ボタンを押すと、次の単語あるいは英文がリストアップされる。2.~6.を繰り返す。
  8. 12コ全ての単語あるいは英文の録音が終了したら、「NEXT」ボタンを押す。(「ネイティブチェック」の場合は、「ネイティブチェックを実施」を押して終了。数日後に学習設定・結果ページに結果が表示される。)
  9. 自己採点画面が現れ、比較対照となる2つの単語あるいは英文が表示される。
  10. 「Listen」ボタンを押すと自分の音声がに聞こえる。(何度でも聞き直すことが出来る。)
  11. 自分の音声がどちらの単語あるいは英文に聞こえるかを判断し、該当する方にチェックマークを付ける。自分の音声の判断が出来ない場合は「判断不能」にチェックマークを付ける。
  12. 12コ全ての自己採点が済んだら、「Done」ボタンを押す。
  13. 自己採点結果が表示される。
    (注: ネイティブチェック券の有効回数がゼロの場合は、ネイティブチェックは実施できません。)

発音練習学習画面の一例(Study6)


自己採点画面の一例(Study6)

マイクの許可Windowを2度目以降、出さなくする方法(Study6、7)

  1. 初回の学習では、上記通りマイクのアクセスを許可し、学習を始める。
  2. 学習画面上で右クリックし(Macの場合は、Ctrl+クリック)、【Adobe Flash Player設定】画面を出します。
  3. 左から2番目のプライバシータブを選択し、プライバシー画面を出します。
  4. 「www.ehc-study.comのカメラおよびマイクへのアクセスを許可しますか?」と表示されている画面にて【許可】にチェックが有る上で、【設定を保存】にチェックを付けます。
  5. 【閉じる】ボタンをクリックし、Adobe Flash Player設定画面を閉じます。
  6. これで設定が保存され、以後学習を開始する際に、マイクのアクセス許可Windowが表示されなくなります。

発音認定級

英語の発音.com」では以下の基準で、18段階の発音認定級が発給されます。
発給された認定級は、学習設定・結果ページからダウンロードすることができます。
EHC 6級 Study 1、2秒聞き分け練習の全ての項目で80%以上クリア
EHC 6級 AStudy 1、2秒聞き分け練習の全ての項目で100%クリア
EHC 5級Study 2、2秒聞き分け練習の全ての項目で80%以上クリア
EHC 5級 AStudy 2、2秒聞き分け練習の全ての項目で100%クリア
EHC 4級Study 3、2秒聞き分け練習の全ての項目で80%以上クリア
EHC 4級 AStudy 3、2秒聞き分け練習の全ての項目で100%クリア
EHC 3級Study 4、 意味による2秒聞き分け練習の全ての項目で80%以上クリア
EHC 3級 A Study 4、意味による2秒聞き分け練習の全ての項目で100%クリア
EHC 3級 SuperStudy 5、 意味による2秒聞き分け練習の全ての項目で80%以上クリア
EHC 3級 Super AStudy 5、意味による2秒聞き分け練習の全ての項目で100%クリア
EHC 2級Study 6、発音練習が全ての項目で80%以上クリア
EHC 2級 AStudy 6、発音練習が全ての項目で100%クリア
EHC 2級 SuperStudy 7、発音練習が全ての項目で80%以上クリア
EHC 2級 Super AStudy 7、発音練習が全ての項目で100%クリア
EHC 1級Study 6、ネイティブ評価が全ての項目で80%以上クリア
EHC 1級 AStudy 6、ネイティブ評価が全ての項目で100%クリア
EHC 1級 SuperStudy 7、ネイティブ評価が全ての項目に80%以上クリア
EHC 1級 Super AStudy 7、ネイティブ評価が全ての項目で100%クリア

努力ポイント

「英語の発音.com」の学びを続けて行くと努力ポイントが加算されます。(その使い道に関しては、時々メールまたはログイン後のお知らせにて案内が届きます。)

ログアウト・データの保存

「英語の発音.com学習サイト」にてログイン時に【保存】欄にチェックを入れてログインすると、次回から「英語の発音.com学習サイト」を立ち上げた時、ログイン状態から始めることができます。
ログイン時に、画面右上の「ログアウト」ボタンを押すと、強制的にログアウトし、保存したID/パスワードも削除されます。(共有のPC等でご利用される場合に便利です)